記事一覧

明日、撮影会。 

もはやおなじみ、前日の確認として書き込み。
え?それやらないと忘れるとかボケ始まってんじゃないかって?



いえいえ、これはアレです。

某ラグビーの人、某関取の人がここぞと言うときにやる。

凪紗:ああ、みんなやってたな。お祈りポーズとか琴バウアーとか。



話戻し、明日の撮影会。
6月ということでジューンブライドをイメージしたウェディング様のセッティングが、撮影ブースに施されているようです。
店員さん、突貫作業でがんばったんだろうなぁ・・・(注:先週末は前回のままで、店員さんが頭抱えてた)

当日はワンオフモデルのお披露目もあった筈だから、人はそれなりに集まりそう。

なにより、ドレスが映えるからなぁ。



凪紗:で、ボクを連れてくのだろう?

我:うん。とゆーか基本が君だしね。外回り担当というか広報担当というか。
ここ(ブログ)のキャラクター的にも俺と君で毎回ボケてはツッコんで成り立ってるし。


凪紗:問題は、普段スタイルが男物のシャツに、ラッパみたいなデニムジーンズと。ヘアスタイルもぼさぼさカット。

我:1970年ごろっぽいな。サングラスとギターでも用意しようか?神田川でも歌うか?

凪紗:今回はキャラ的には游か、まーさんじゃないのかい?ボクにドレスなんて合うのかなぁ。







我:ぶつぶつ言いながらも、鼻歌交じりでドレスアップしてバッグに入り込んでいくというね。
つくづく、よく分からん性格だ。


(真・游:ジューンブライドでそれっぽい服あったかと、笑顔で慌てふためくパパの姿と完全に一致なんですがそれは)







【ここより鉄翼DASH 簡易版】
1465652116260_convert_20160611224041.jpg
ラベンダーが満開です。野生のミツバチ・クマバチが庭を彩る他の花々と共にこちらでも忙しなく花から花へ飛び回っています。
撮影が夕方だったので居なくなってますが、昼間お日様が出てる時だと蜜集めに来てます。

1465652049892_convert_20160611224019.jpg
万能小ネギも発芽して揃ってきました。まだ1~2mmくらい。ここからどんどん太くなり直径5mm~1cmへ。庭先に自生状態で毎年獲れるミョウガと共に、刻んで冷奴や蕎麦など薬味に活躍してくれそうだ。

1465651963247_convert_20160611223936.jpg
セロリは分けつ【注:稲など根元から枝分かれして増えていくのもコレ】も進み、茎の1つ1つも太くなり収穫へ。
外側から良さげなのを1号と2号から2枚ずつ剥がす様に収穫。写真は刻んで浅漬けにしたもの。


本来は株元を覆って遮光するのだが、すっかり忘れていて歯ごたえも硬く筋張ってしまった。
暑さが増すこれから、漬けて冷蔵庫でキンキンに冷やして歯ごたえと風味を楽しむのには初回としては収穫できたのだからまずまず及第点か?




他のブルーベリー達も1cm大の実がたわわに実り、今は緑から徐々に食べ頃へ色づいていくのを待つばかり。
二十日大根も最終間引きを終え、肝心の根が肥大化してくれるのを祈る。
ベビーキャロットも同じく、本葉が出始めての間引きを終え5cm間隔に。
瓜は虫害からリカバーし強まる日差しに茎と葉を増やしつつ。

他、親が育てているトマト、ナス、キュウリ、さやえんどう、カボチャ、ゴーヤ、ホウレン草、シシトウもぐんぐん成長中!


残念ながら、オクラだけは土質がダメだったのか8割壊滅。
(庭先の別エリアでは過去に栽培してたのだが、そちらはそうした例はなかった)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翼

Author:翼
思いつきで愚行をしたり、ドールだったり、ガンプラだったり、釣りバカだったり、鉄翼DASHというギリギリなネーミングの家庭菜園もやってる。

今年で三十路なせいか、周囲からの良い人探せ包囲網が強まってきた。

初月(艦これ)とハシビロコウ(けもフレ)を両手に抱えてお昼寝したい…。



【娘’s紹介】
真由(まゆ):DDSマユ、我が家最初の子。
ボケもツッコミも出来るオールラウンダーながら出番の少なさに無く。


澪菜(れな):MDDレナ、二人目。次女という事にはなるが実質的に末っ子のそれで幼いせいもあり基本、会話はひらがな。妹が出来てお姉さんになりご満悦。


凪紗(なぎさ):DD(06)撮影会等での出歩き担当。嫁や娘というよりも相棒。
一人称は「ボク・僕」虫が弱点。ボーイッシュは外見だけで女の子してます(本人談)


游紗(ゆうさ):DD(07)誌上通販のメイク済ヘッド。凪紗とは双子の妹的立場。
物事をそつなくこなすタイプ。


那那(なな):MDD(01)長らくヘッドのみ温存の末、ようやく形となる。姉のような妹。
彼女の一言で「あ、はい」と場が締められる時が稀にある。